「メルカリから、利用停止の連絡がきた!」

無制限の利用停止で絶叫する人

どん底に落とされた気持ちですが、無期限の利用制限でも再登録をする方法が残されているようです。

無期限のペナルティの詳細や、もう一度使えるようにする具体的手段をお伝えします。

 

メルカリの無期限の利用制限とは?

処分の内容

  • メルカリ処分で一番重い制限

red-card

無期限とは、期限を決めていません。

ってことは、待っていたらいつか使える?って望みを持つ人も出てくるでしょうが、意味としては、

  • 永久追放

そのため、ずっと利用できないって処分なんですね。「誰でも利用ができるフリマアプリなのに、あんまりだ」

なんて思うかもしれませんが、無期限の処分が下った理由があるんです。

 

無期限の停止になった理由

  • メルカリで禁止されている行為を行った

誰でも、一度は失敗することがあると思います。

「何度、注意をしても改善されなかった」

このケースが多いのではないでしょうか。

 

しかし、悪質な場合は、一発退場

残念なことに、メルカリのサービスを悪用する人が、後を絶たないようです。

そのため、提供している側も、かなり厳しく対応をしてきているようです。

確かに、詐欺に合ってしまったり、利用者に不利益が出たら、ユーザーは離れていきますもんね。

仕方のない行動かもしれません。

 

利用停止になるとどうなる?

いつまで使えない?

  • 基本的には、ずっと使えません。

hand-ng

まれなケースとしては、

  • メルカリとの和解

によって、利用が再開されることもあるようです。しかし、利用者の質の低下で、容赦ない処分をする傾向に変わっています。

同じアカウントでは、永久に使えないと思ったほうがいいでしょう。メルカリでは利用制限を解除する方法には、2点ありますが、無期限の場合は難しい現状です。

 

復活させることはできる?

  • まずは問い合わせてみる

不正行為をしていた自覚があるなら、復活は難しいです。しかし、「なぜ、制限がかかったのかわからない。」と、身に覚えがない状況なら、理由を聞いてみるほうが確実ですね。

サービスの提供者も人間ですから、何かしらの勘違いやミスがある可能性もあります。

ほとんどないケースかと思いますが、利用規約に反している行為がなければ、解除してくれるかもしれません。

 

  • ルールを破っていたら、難しい

メルカリ側のミスや勘違いでない限り、復活は難しいです。

無期限はかなり重いペナルティって認識は、忘れずに持っていましょう。

同じアカウントでは再度、利用することは無理です。どうしてもメルカリをまた使いたいって人は、色々な工夫をして使用しないといけません。

以下で、具体的な再登録の方法をあげてみました。

 

無期限の利用制限でも再登録する方法

利用を再開するためには、色々な対策をしないといけないんですね。

 

個人情報をすべて新しくする

  • 提供した情報は、すべて変える必要が

change

「あなたは利用してはいけません」

と宣言されているわけですから、使っていた時と同じ情報があると、見つかったら削除されるはずです。

例えば、

  • 住所
  • 名前
  • 口座番号、名義人
  • 電話番号
  • メールアドレス
  • クレジットカード情報

利用時に必要な情報は、すべてメルカリが管理しています。

退会しても大事な情報は残されたままですので、1つでも同じ箇所があったら、ばれるみたいです。

って考えると、全く別人で利用しないと難しいってことですよね。

 

別の端末を用意する

  • 同じ端末でも、利用者が判明してしまう

提供している情報を変えるだけでは、不十分です。

同じスマホ携帯で使用するってなると、端末のデータで、制限をかけている人ってわかってしまいます。

  • 以前、使用していた端末をメルカリ用に
  • 安いスマホやタブレットを新しく用意

買い替えを考えていたら、思い切って買ってしまうってのも手ですね。

しかし、そこまで準備をしても、必ず使えるって保証がないのが、つらいところです。

 

PCで再登録して使う

  • スマホだけでなく、パソコンでも利用可能

もし、パソコンを持っている人なら、端末を用意しなくても大丈夫です。

メルカリはアプリってイメージがあると思いますが、パソコンでも利用可能なんです。

しかし、

  • 手軽にスマホで操作できなくなる
  • 利用できるサービスが限られている

など、満足できる環境ではなくなります。

併用して使う分には、うれしいのですが、メインで使うってなると、かなり使いずらくなると思います。

 

新しいアカウントを買う

  • アカウントを作るよりは楽かも

ヤフオクなどで、売られているようです。

作成に必要な電話番号、メールアドレスなどの個人情報が登録済みのアカウントの販売があるってことですね。

「そんなの売ってんの?」

って思いますが、今は驚く色んなものが出品されてますよね。金額も数百円で買えたりするので、選択肢の1つになるかもしれません。

以上、具体的な無期限の利用制限中に再登録をする手段でしたが、利用する場合、注意点があります。

 

制限解除なしで、再開する注意点

メルカリ側は認めていない

禁止行為

例外なく、1人1アカウントだけです。

1人1つのアカウントしか認めていないってことは、制限がかかっている間は、使用しないでくださいってことです。

万が一、ある情報から制限中のアカウント利用者だとわかったら、直ちに削除されてしまうと思ったほうがいいです。

一度、無制限の罰則をもらったら、もう使えないという過酷なルールなんです。

また、見つかったら、即停止命令がくることは覚悟しておきましょう。

いたちごっこになるかも

「見つかったら、また別の方法で再登録すればいいや」って感覚でいると、終わりのないいたちごっこの状況になります。

何度も同じことが繰り返されるなら、メルカリも黙っていないかもしれません。

「いけないことをしたから、もう利用しないでね」

でおさまっている分には、ラッキーと思うのも1つです。

  • 快適なサービス運営に支障をきたす
  • ユーザーの満足度を下げる

そんな行為が続けば、もっと重たい処分が待っているかもしれません。

もし、自覚があるのなら、過ちは認めて、「別のサービスで、一から利用し始める」って決断も必要かもしれませんね。

 

まとめ

メルカリから無制限の利用制限って通知が来たら、かなりビビりますよね。

そのため、利用規約は前もって読んでおかないと、取り返しがつかないことになります。

どんなサービスもそうですが、禁止されていることはいつかは、バレます。痛い目に合わないためには、日ごろから、「禁止行為ではないか?」アンテナを貼っている必要がありますね。

 

メルカリで売れない商品は【CASH】で売れるかも!

cashで売れた人
「CASHって何?」
  • 写真を撮るだけで、売値が!
  • 待ち時間なしなのでカンタン
  • コンビニで現金を受け取れる
  「売りたいけどめんどう」 って人にも手間がないので、ピッタリですね。  

cashのアプリ アプリのダウンロードは無料です!

↓↓↓

CASHアプリをダウンロード