merukari-tired

メルカリの発送がめんどくさい

  • メルカリの発送がめんどくさいって声
  • メルカリの発送がめんどくさい理由
  • メルカリの発送が疲れた時の対処法

がわかります。

 

メルカリの発送がめんどくさいって声

  • 発送通知後の処理は、手間がかかる

merukari-tired4

コンビニや郵便局でメルカリ便の発送手続きを行った後、購入者宛に発送通知をします。万が一、発送通知の後にサイズの変更が必要になっても、簡単に手続きはできません
(手続きの方法は後述します)

 

  • 売れるまで、丁寧な保管が必要

メルカリのページに売りたい商品を出品した後は、いつ商品が購入されるか分かりません。
その間、商品の綺麗や傷がつかない状態を保つために、丁寧に保管する必要があります。

 

  • 厚さ制限が厳しい

メルカリ便の「ネコポス」や「ゆうパケット」は、厚さが3cm以内の制限があります。

梱包後に商品の厚さを測って、発送手続きを行っても、上記のような理由で受け取りを断られる場合があります。

郵便局やコンビニも、場所によって受け取りの緩い・厳しいがあるようです。

 

メルカリの発送がめんどくさい理由

  • 梱包に時間がかかる

merukari-tired3

出品した商品が売れても、梱包作業は自分で行わなければなりません。作業に慣れている場合はスムーズにできますが、どのように梱包すれば良いのか分からない時は、調べるところから始まります。

梱包のプロではありませんが、作業の丁寧さは求められます。商品が届いて、適当な梱包だとガッカリしてしまいますよね。

メルカリ出品者は、梱包がめんどくさいと感じる人が多くいるようです。

 

  • 資材集めが大変

商品を梱包する時は、配送時の破損や水漏れを防ぐための資材が必要になります。例を挙げると、OPP袋など防水性のビニール袋や、衝撃から守ってくれるエアー緩衝材です。

自宅にあるもので代用できる場合もありますが、メルカリの取引では、専門の資材を使っている方が多いです。

ホームセンターやインターネットで梱包資材を購入する人もいるでしょう。

 

  • 郵便局やコンビニ、取扱店が遠い

梱包が終わったら、発送手続きをしなければなりません。

家の近くに、コンビニや郵便局があれば問題ありませんが、徒歩だと遠いって人もいらっしゃいますよね。マンガのまとめ売りや小物家電は、重たくかさばるので、なおさら面倒に感じます。

 

  • メルカリ便のサイズに制限がある

メルカリ便はさまざまなサイズが用意されています。
サイズが小さいほど送料も安くなりますが、その分簡易包装となり、トラブルのもとになる恐れも・・・。

また自分ではサイズの制限内だと思っていても、コンビニや郵便局に持ち込むと、サイズオーバーだと判断されることがときどきあります

「せっかく梱包したのに」とストレスに感じてしまいますね。

 

  • 発送通知後の処理が大変

発送通知をした後は、メルカリ便のサイズ変更ができません。取引を継続する場合は、以下の2点の方法で手続きが必要になります。

  1. メルカリ便から他の配送方法に変更する
  2. 取引をキャンセルし、再度取引を開始する

どちらの方法も、購入者に事情を説明し、合意の上で手続きをしなければなりません。

発送通知のタイミングは、郵便局やコンビニのスタッフが、受領したことを確認して行うのが良いでしょう。

 

メルカリの発送が疲れた時の5つの対処法

ラクな発送へ切り替える

merukari-tired2
発送が疲れる原因として、自宅での商品の保管や梱包作業、発送手続きが挙げられます。
メルカリが提供しているサービスの1つに、「あとよろメルカリ便」があります。

出品した商品を全て倉庫に送るので保管の必要ありません。倉庫への配送は集荷を依頼すればOKで、配送料は無料です。また売れた後も、プロのスタッフが丁寧に梱包し、適切な配送方法で発送してくれます。

ただし、梱包と配送料金は通常よりも少しだけ値上がりするので、必ず利用前に確認しましょう。

 

梱包資材を再利用する

梱包資材を有料で買わずに済む方法は、資材の再利用です。
ECサイトで商品を購入した時、届いたダンボールを見ると、たくさんのプチプチや緩衝材が入っていませんか?

メルカリ用に梱包資材を取っておけば、商品が売れた時もすぐに梱包作業に移ることができます。

 

専用BOXをまとめ買いしておく

宅急便コンパクトの専用BOXは、サイズが20×25×5と非常に使い勝手が良いです。洋服や本、コスメなどさまざまな商品の梱包に利用できます。

コンビニやヤマト運輸の直営店にて販売しており、1枚70円で購入可能。
専用BOXをまとめ買いしておけば、複数の商品が売れても同時に梱包し、発送できますね。

 

専用の定規を使い、サイズのミスを減らす

自宅の定規で厚さを測っても、実際に持ち込みをすると、サイズオーバーと判断されることがあります。梱包をし直すとなると、手間がかかり面倒くさいですよね。

最近はダイソーやSeriaでも、フリマアプリの発送作業に役立つ、厚さ確認用の定規が発売されています。

便利グッズを使用すると、サイズのミスを防げそうです。

 

不用品を買取業者に売る

自宅に不用品はたくさんあるものの、梱包や発送作業が面倒くさい方は、宅配買取の活用がおすすめです。
査定に出したい商品をダンボールに詰め込み、集荷に来ていただくだけで完結します。

買取業者の中でも、ジャンルごと(本・DVD、ブランド品など)に強みを持っているので、買い取って欲しい商品と業者の特徴を見比べると良いでしょう。

 

メルカリの発送をラクにする梱包材

  • どの商品の梱包にも使える、万能なプチプチ

本やコスメ、割れ物など、さまざまな商品を梱包できるアイテムです。

ロール型になっており、好きな長さにカットして使えるのも嬉しいポイント。

 

 

  • 衝撃に備えて、安心安全なエアー緩衝材

配送時に最も心配なのは、衝撃による商品の破損ですね。
エアー緩衝材を敷き詰めておけば、上下左右からの衝撃にも備えることができ、発送側も受け手側も安心できます。

 

 

まとめ

  • メルカリの発送が「めんどくさい、疲れた」と感じる人は一定数いる
  • 理由は「梱包が大変」「コンビニや郵便局が遠い」「資材集めに手間がかかる」などがある
  • 楽な発送への切り替えや宅配買取の活用も便利
  • 梱包資材の再利用や厚さ確認専用の定規を使うと、スムーズな梱包に繋がる

関連記事と広告