メルカリでスニーカーを送る

メルカリでスニーカーの送り方は?

  • スニーカーの送り方と梱包方法
  • メルカリでスニーカーを安く送る方法
  • メルカリでスニーカーを送る時の注意点
  • スニーカーを梱包する時のコツと注意点
  • ハイカットやローカットスニーカーの送り方

をまとめました。

 

メルカリでスニーカーの送り方と梱包方法

スニーカー箱ありの送り方

  • スニーカーは箱も商品。両方を丁寧に梱包しよう

1.スニーカー内部に紙を詰める

メルカリでスニーカーの送り方1

スニーカーの足を入れるところに、広告や新聞紙を丸めたものを詰めて、型崩れを防止しましょう。

つま先の方までぎゅうぎゅうに、丸めた紙を詰め込むことがコツです。

ハイカットの場合は足首まで詰めて、型崩れを防止します。

 

2.一足ずつ全体をプチプチなどで包む

メルカリでスニーカーの送り方2

露出する部分が無いように、全体を包み、テープ等で止めます。

 

3.隙間を埋めて、固定
メルカリでスニーカーの送り方3

できるだけ靴同士がつぶしあわないように、詰めましょう。

隙間を埋めるものは、プチプチ以外にも、新聞紙や包装紙を丸めたものでも良いでしょう。

 

4. スニーカーを入れた箱を、ビニールの袋で包む
メルカリでスニーカーの送り方4

箱の上に、ビニール袋をかぶせるのは、水濡れ防止になるため、必須の作業です。

綺麗なショップの袋を再利用すると良いでしょう。

百円ショップでも、袋を購入することが出来ます。

 

5.仕上げに紙袋で包めば梱包完成。

メルカリでスニーカーの送り方5

紙袋も、綺麗なショップの袋などを再利用すると良いです。

端はガムテープで固定しましょう。

後は発送だけですね!

次に、購入時の箱がないスニーカーの発送方法も見てみましょう。

 

スニーカー箱なしの送り方

  • 一足ずつ丁寧に梱包。代わりの箱や袋を

1.同じく、スニーカー内部に紙を
メルカリでスニーカーの送り方1

まずは、スニーカーの足を入れるところに、広告や新聞紙を丸めたものを詰めて、型崩れを防止しましょう。

つま先の方までぎゅうぎゅうに、紙を丸めたものを入れましょう。

 

2.一足ずつ、プチプチなどで包む

メルカリでスニーカーの送り方2

露出する部分の無いように、プチプチで包みます。端はテープでしっかり止めましょう。

 

3.水濡れ防止のために、ビニールの袋に
 メルカリでスニーカーの送り方6

綺麗なショップの袋を、再利用すると良いでしょう。

百円ショップでも、袋を購入できます。

端はテープでしっかりと止めます。

 

3.段ボールor紙袋で梱包完成

メルカリでスニーカーの送り方7

小さめの段ボールなどの箱に入れるか、紙袋で仕上げに包みます。

端はガムテープなどで固定しましょう。

これで完成です!あとは発送だけです。

スニーカーの梱包の方法はわかりましたが、どうせ送るなら、少しでも安く送りたいですよね。

 

メルカリでスニーカーを安く送る方法

  • らくらくメルカリ便orゆうゆうメルカリ便が安くてオススメ
らくらくメルカリ便で送る場合
  • 60サイズ(60㎝以内)2㎏以内で、700円

もし梱包後に80サイズ(80㎝以内)5kg以内になっても、800円です。

ゆうゆうメルカリ便で送る場合
  • 60サイズ(60㎝以内)25㎏以内で700円

らくらくメルカリ便の60サイズと同じ料金になります。こちらも一番安い送り方です。

80サイズ(80㎝以内)25kg以内の場合も800円なので、

らくらくメルカリ便の80サイズと同じ料金ですね。

 

  • 梱包時にサイズアウトしないように注意

サイズの合っていない、大きすぎる袋を使ってしまうと、サイズアウトしてしまう危険があります。

梱包終了時には必ず採寸して、60サイズや80サイズに収まっているか、確認するようにしましょう。

 

メルカリでスニーカーを送る時の注意点

  • サイズの説明が間違ってないか確認

ルカリでスニーカーのサイズ
スニーカーのサイズ間違えで、返品やクレームになるのは避けたいところ。

改めて、スニーカー販売時の提示したサイズを確認し、靴に書いてあるサイズと照らし合わせましょう。

万が一間違えに気が付いたら、その時点で購入者に連絡を取ってください。

 

  • 商品が説明文の状態通りか確認

スニーカーなどの商品は、履いていなくても、時間と共に劣化が進んでしまうものです。

「新品・未使用」と説明文に書いていても、保存の仕方で、

  • 剥げている箇所があったり
  • ゴムが弱っていたり

することがあるかもしれません。

発送前に改めて、商品の状態を確認しておきましょう。

不安な点は必ず購入者に事前に伝えることで、トラブルを防ぎたいですね。

 

スニーカーを梱包する時のコツと注意点

梱包する時のポイント

スニーカーの底は水分に弱いので、ビニール袋は必須

メルカリでスニーカーを袋で包む

スニーカーの靴底のパーツは、水分に弱いものが多く、ひどい場合は割れてしまうことも。

配送の際に雨に降られて濡れてしまわないよう、ビニール袋での梱包は忘れずに。

スニーカーを箱に入れるときは、靴底を外側に

新品の靴を、靴屋で購入したばかりの時のように、

両足の靴底が、外向きになるように、箱に入れましょう。

特にハイカットのスニーカーは、足首部分の型崩れを防止することにも、繋がります。

 

梱包する時の注意点

  • 一足ずつ包もう

商品配送時に、スニーカー同士がぶつかることで、破損などのトラブルが起きる可能性を防ぐためです。

特に金具などが付いているスニーカーは、金具部分をカバーする工夫もすると良いですね。

 

  • テープは綺麗に貼る

梱包で商品を傷つけることの無いようにしましょう。

テープなどが適当に貼られていると、スニーカーにくっついてしまうことも。

トラブルにもなりかねませんので、気を付けて梱包しましょう。

 

メルカリでスニーカーの種類別の送り方【ハイカット、ローカット】

ハイカットスニーカーの発送ポイント

型崩れがしやすいので詰め物を入れる

メルカリでスニーカーに詰めるもの

ハイカットのスニーカーは、足首の部分が型崩れしやすいです。

配送の際に、大切な商品が崩れてしまわないように、靴の中の詰め物をしっかりと入れましょう。

「購入者さんに対して、ゴミが多くなってしまうから心配」という方は、

「ごみが増えてしまって申し訳ありませんが、商品の型崩れ防止のために入れさせてもらっています。」

と一筆、商品と共にお手紙を発送すれば、不安も減るのではないでしょうか。

 

ローカットスニーカーの発送ポイント

商品はつぶさずに発送を

メルカリでスニーカーの発送

ローカットスニーカーだと、

「つぶして送ると安く送れるのでは?」

と思いますが、危険です。

なぜなら、

破損につながり、トラブルが起こる可能性が高いからです。

何よりも、印象も悪くなるので、必ず元の形を保って送るようにしたいですね。

 

まとめ

  • 箱ありも、箱無しも、丁寧に梱包しよう
  • サイズが販売時に提示したものと合っているか確認しよう
  • 商品が説明文の状態通りか確認しよう
  • 型崩れがしやすいので詰め物をしっかりとしよう
  • 商品はつぶさずに発送しよう

 

 

メルカリで売れない商品は【ゲオスグ】で売れるかも!

ゲオスグで売れた人

「ゲオスグって何?」

  • 写真を撮るだけで、売値が!
  • 待ち時間なしなのでカンタン
  • すぐお金が手に入る

「売りたいけどめんどう」

ってあなたも、手間がないのでピッタリですね。

ゲオスグアプリ
アプリのダウンロードは無料です!

↓↓↓

今すぐダウンロードする

 
 
 
 

関連記事と広告