メルカリで検索できない原因は?
 
メルカリで検索できない人

  • 検索に出なくなった時の確認方法
  • 出てこない時の対処法
  • 反映されない不具合をなくすポイント

をまとめました。

 

メルカリで検索できない原因は?

検索するタイミングが、早すぎる

砂時計

出品したことが反映されるまでに、タイムラグがあります。

数分後などでは、反映されていない

ってケースもあります。

出品してすぐには、商品が検索に引っかからないことが、よくあるんですね。

余裕をもって、翌日に確認してみると、しっかり検索できるかもしれません。

 

検索の仕方が悪い

検索で使うキーワードによって、ヒットするかどうかも変わってきます。

自分が出品した商品名の言葉で、正しく検索をする必要があります。

商品名の言葉に抜けはないか、チェックしてみましょう。

また、入力時、よく間違えるケースとして

  • 漢字とひらがな
  • 半角と全角
  • 英語の大文字と小文字

など逆になっている場合は、検索できない時もあります。

 

メルカリの運営に、削除されてる

メルカリの運営は、ユーザーが投稿した新しい出品データを、いつもチェックしています。

規約に違反している可能性があるなど、
問題があると判断された場合は、容赦なく削除されます。

新しく出品された商品の一覧画面からも消えちゃうんです。そのため、検索してもヒットしないんですね。

運営により何らかの措置があった場合は、

メルカリのマイページに「商品削除のお知らせ」

が入っています。見落としていないか、確認してみましょう。

 

圏外飛ばしになっている

圏外飛ばしとは、出品しても、半年以上前のページに飛ばされてしまうことです。

もともと業者と一般の人を平等にするために行われたのです。でも、一般の方も業者とみなされて、圏外飛ばしになってしまう被害が増えているようです。

機械が勝手に業者かどうかを判断してしまうので、メルカリ事務局もどうすることもできません。

また、元の状態に戻すためには、待つしかありません。圏外飛ばしが解除されるまで

  • 最短で1日
  • 長い方は1カ月以上

もかかることがあります。基準としては、閲覧数がゼロから変わらなければ、圏外飛ばしの対象となっていると判断できます。

復活させる方法もあるので、確認してみましょう。

メルカリの圏外飛ばしを復活する方法

 

検索に出なくなった時の確認方法

  • パソコンや別のスマホでも、確認してみる

ノーとPCでネット環境変更

全く同じ条件で検索しても、2台のスマホで検索結果を比べてみると、全然違った結果になっていることもあります。

可能であれば、自分のスマホ以外からも確認してみましょう。

パソコンだと、画像が大きく探しやすいため、見落としを発見できるかも。違う媒体で、検索結果を確認してみましょう。

 

  • 検索画面を変えてみる

単純に、古い情報をダウンロードしているだけってこともあるんです。

検索する画面(ブラウザ)を切り替えて、確認してみましょう。

  • Safari
  • IE
  • Google Chrome

また、ネットが重すぎる場合も、正常に反映されないので、

  • Wifi
  • 4G回線

を切り替えてみましょう。

 

  • しっかり出品できているかをチェック

そもそも正常に出品できてない場合もあります。

確認方法としては、マイページの出品商品で、目のマーク(閲覧数)の表示がされてるかどうかで、チェックできます。

もし、目のマークがない場合は、下書きのままの状態なので、もう一度、出品ボタンを押してみましょう。

 

検索に出てこない時の4つの対処法

  • 少し時間を置いて試してみる

時間を空ける
メルカリの出品は、すぐには反映されません。

そのため、

  • 10分程度あける
  • 翌日以降に、検索し直す

など、時間を空けて確認することが大切です。

また、すぐ確認したいなら、検索ワードの順番を変えてみるのがおすすめです。

 

  • ブランド名のスペルなど、間違いがないか

スペル間違いがあると、検索にひっかかりにくくなります。

特に、英語表記のブランド名は、間違えやすいです。

1文字違うだけで、検索には出てこないので、注意したいですね。

 

  • 混雑しない時間帯に出品しなおす

起きてる人が少ない時間帯なら、上位表示されたままってことがあります。

出品する人が少ない時間帯をねらうとベストです。

逆に、日中や夜の時間帯は出品しているユーザーが多く、新しい出品も、すぐに下の方へと流れてしまいます。新着順に、どんどん入れ替わるためですね。

確認がしやすいように、活動している人が少ない時間帯に、再度出品してみましょう。

 

  • 同じ商品でも、内容を編集してから再出品

タイトルや商品説明文の内容を書き換えて、再出品してみると、急にヒットするようになる場合があります。

ただし、あまり頻繁にやってしまうと、規制がかかってしまいます。何度も再出品することは、避けましょう。

 

検索に反映されない不具合をなくすポイント

連続して出品しない

連続出品はしない

連続して出品すると、運営側から規制がかかってしまうことがあります。

特に、本ばかり、アクセサリーばかりなど、同じカテゴリの商品を何度も出品するのは避けた方が良いでしょう。

スペースをうまく使い、キーワードを分かりやすく

自分が検索しても出てこない商品は、購入者の目にも留まりにくいということ。

検索でより見つけてもらいやすくするためには、出品する時にも

  • 分かりやすい言葉
  • 探しやすいキーワード

を意識して使うようにしましょう。

  • 商品と関係のないワードは、記載しない

SNSのタグのように、関係のないキーワードばかり羅列するのはNG。

運営に見つかると、
不当に検索でヒットさせていると、規制がかかることもあります。

特に、衣類などアパレル関連の出品をするときは、ブランド自体を勘違いされて購入されてしまうこともあるので、注意がですね。

”○○がお好きな方にもおすすめです。”という程度にとどめておきましょう。

 

まとめ

  • 検索できない原因は、反映時間や検索の仕方かも
  • 確認方法としては、別のスマホや検索画面を変える
  • 出てこない時の対処法は、時間を置いたり、スペルミスをチェック
  • 今後、不具合をなくすため、連続出品を避け、わかりやすいキーワードを選ぶ

 

メルカリで売れないゲームは【ゲオスグ】で売れるかも!

ゲオスグで売れた人
「ゲオスグって何?」
  • バーコード読取だけで、売値が!
  • 待ち時間なしなのでカンタン
  • すぐお金が手に入る
  「売りたいけどめんどう」 って人にも手間がないので、ピッタリですね。  

ゲオスグアプリ

\アプリのダウンロードは無料です!/

ゲオスグアプリをダウンロード

 
       



関連記事(一部広告含む)