売れないのは、写真のせいかもしれません。

でも「メルカリで売れる写真の撮り方がわからない!」

camera-woman

そんなあなたへ。

押さえておきたい撮影テクニックを知り、sold画面を増やしましょう。

 

写真を撮る前に考えること

自分が買いたいと思えるか?を考える

 

虫眼鏡

商品を買う人の目線で見る事が、売れる様になる一番の近道です。

自分が買う側になったらわかる事も多いです。

例えば

「背景の部屋が汚ない」

「取扱い方が悪い」

などの商品はあまり買う気がおきませんよね。

以下が、押さえておきたいポイントです

 

  • ハッキリと商品がわかる

商品のピントがずれていたりすると、服であれば素材がわからなかったり、汚れや状態も把握できません。

売れないどころか、クレームにもつながってしまうので、気をつけたいですね。

詳細まで、ハッキリわかる写真が好まれます。

 

  • 清潔感がある

「余計なものが写り込んでいる。」
「手が写り込んでしまっている」

など清潔感を損なう写真になってしまっている人が、意外に多いんです。

わざわざ商品の背景を気にしている人が少ない分、意識できれば印象UPですね。

 

  • 写真で得られる情報が多い

購入の際「この商品気になる」と思った時に、情報が足りなくて、困った経験はないですか?

服の背中部分の写真がなかったり、アップの写真がなかったりすると、せっかく気になってもらえても購入につながりません。

ネット販売は情報が命です。

この様に買い手の側に立つと、写真に対しての意識が変わってきますね。

 

では、どんな写真を撮ればいいのか。

以下で具体的な売れる写真の撮り方を、説明します。

 

売れる写真の撮り方【具体的な6つのコツ】

  • ロゴやブランド名、型番は鮮明に。

ロゴマーク

高価な物ほど偽物だと思われない様に、ハッキリ情報を公開します。ブランドロゴを鮮明に撮影しておくと、購入率がアップしますね。

製造場所が記されている、「取り扱いタグ」なども合わせて載せておくと、更によいです。

  • 暗すぎず、明るすぎずの自然が一番
悪い例(暗すぎる写真)

暗い写真撮影

 

良い例(丁度いい明るさの写真)

明るい写真

全体が暗すぎたり、明るすぎたりすると、肝心の商品が、しっかり見えなくなってしまいます。適度な明るさを意識しましょう。

キレイに見せようとしても、写真では色や状態が誤って伝わってしまうので、危険です。

逆によくわからなくなったり、クレームにつながりますので気をつけましょう。

 

  • ピントは必ず合わせる
ピントがずれた写真の例

ピントがずれた写真

 

ピントが合った写真

ピントが合った写真

 

比べるとすぐわかりますが、ぼやけた画像は、安っぽい印象を受けます。ピントが合っているか、合っていないかだけで、感じるモノの価値が変わってきます。

基本はピントは広く合わせると、しっかりとした印象で清潔感も高いです。

ぼやけている商品画像だと、魅力も半減してしまいますので、要注意です。

 

  • 欠点も隠さず、写す
ほつれを写した写真の例

鞄のほつれた様子

よく聞くクレームが商品の劣化を隠しているケースです。もし、自分が購入した商品に報告されてない汚れがあったら、悲しいですよね。

  • ちょっとしたほつれ
  • ダメージの加減
  • 汚れの具合

細かい点も伝える努力をしましょう。欠点は隠さない方が好印象なので、写真にしっかりと写します。また、メルカリの商品説明文にも記載すると印象がいいです。

売買は、納得した人に買ってもらうことが基本です。正直に、ありのままを写すことを心がけましょう。

 

  • 加工し過ぎない
加工が多い写真の例

加工が多い写真

シンプルな加工写真の例

シンプルな加工写真

文字だらけの写真を使った、セールス感のある商品も多く存在します。逆に、魅力が無くなる結果になり、買おうと思いませんよね。

儲けようとして頑張りすぎるのは、裏目に出てしまい売れません。強調アピールよりも、現状の状態をわかりやすく伝えることが大事です。

 

  • 商品以外のものを移さない
ごちゃごちゃしている写真の例

商品以外が写った悪い例

商品だけに注目した写真の例

商品だけを写した良い例

商品写真の後ろに、他の物が写ってしまっているのも避けたいですね。

手の写り込みも、出来れば避けたいケースです、使用済みといったリアリティが増してしまいます。

関係ないものは写さないようにしましょう。

 

商品別のうまい撮影方法

洋服

  • ンガーのかけ方1つで別物に
雑にかけた写真の例

ハンガーに雑にかけた写真

形を整えてかけた写真

形を整えてハンガー掛けした写真

洋服は、ハンガーにかけて写真を撮影することが多くなります。

いい加減にハンガーにかけた場合、どんな売れる服でも、売れにくくなります。雑な撮り方は、商品価値を下げてしまいます。

服の身だしなみを整えるつもりで、ハンガーがけをしましょう。

 

 

  • 床に置かない
床に置いて撮った写真の例

床で撮った写真の例

ハンガーで撮った写真の例

ハンガーで撮ったTシャツ

中には、「床の直置きは、ちょっと嫌だな」って思う人が出てきます。

せっかく綺麗な商品でも、清潔感が損なわれる場合があるんですね。

ズボンであっても、ハンガーにかけると良いでしょう。

着用画像を頼まれた時も、撮り方には気を付けましょう。

メルカリの着画を撮影する時のポイント

 

  • 品質表示タグを撮影

素材表示

素材や製造元を気にする購入者は多いです。

状態を多く載せる事で信頼感も上がりますので、載せれる場合は載せておくと良いでしょう。

撮影を変えても売れない場合は、他の原因も考えてみましょう。

メルカリで服が売れない原因は?

 

アクセサリー

  • 白の背景でシンプルに
背景が邪魔している写真の例

背景が目立つアクセサリー

背景がシンプルな写真の例

背景がシンプルなアクセサリー

アクセサリーは、白背景などを使い、シンプルに写すのがコツです。

本体を目立たせることを意識し、撮影しましょう。清潔感もアップします。

バック

  • 中身まで見せてあげる

カバンの中身

外観だけではわからない部分を伝えることが大切です。

  • ポケットの数
  • 柄の模様
  • ファスナー

など、気になる様々な要素が隠れています。

色々な角度撮影をして、中身と外観を写すと安心して、購入へ進んでくれます。

 

まとめ

写真の撮り方1つでも、売れる売れないが決まってきます。メルカリでは、最初に画像が出るので、かなり重要ですね。

「どんな写真だったら買いやすいか?」を常に考えながら撮影することが、大切なんですね。

  • 専用の撮影ボックスがあると便利
  • 素人でも、きれいな写真が撮れる
  • 売れやすい写真になった
  • 折りたためて、スペースを取らない

など、話題になっています。

家に1つあると、本格的な撮影ができて、うれしいですね。
 

 

メルカリで売れないゲームは【ゲオスグ】で売れるかも!

ゲオスグで売れた人
「ゲオスグって何?」
  • バーコード読取だけで、売値が!
  • 待ち時間なしなのでカンタン
  • すぐお金が手に入る
  「売りたいけどめんどう」 って人にも手間がないので、ピッタリですね。  

ゲオスグアプリ

アプリのダウンロードは無料です!

↓↓↓

ゲオスグアプリをダウンロード