メルカリの着画って何?

お願いされたけど、「意味がわからない」「載せたくない」ってあなたへ。

着画の解説と、うまい断り方を教えます。

意味がわからない様子

メルカリの着画とは?

  • ずばり「着用画像」の省略語

 

着用画像を撮影する女性

意味は、実際に商品を着ている写真ってことです。

イメージがしやすいように、「着た時の写真を撮って、見せて欲しい」って、頼まれているんですね。

でも、

「正直、めんどくさい」

「忙しくて、時間がない」

「体を写すのが恥ずかしい」

なんて理由で、断る人も多くいますね。

断るときは、なぜ、着画が頼まれるのか?を考えてみることが重要です。

「買いたいけどサイズが合うか少し心配」

「服だけの写真じゃよくわからない」

前向きに検討している人が多いってことですね。

そんな質問者に対して、失礼にならないように返事をするが大切です。

具体的に、うまい断り方を見ていきましょう。

 

着用画像を頼まれた時のうまい断り方

実際に使える断る理由

  • 新品未使用なので

一度でも使用してしまうと、「中古になってしまうので、できない」と伝えます。

写真を載せたい気持ちは、ありますが、新品の商品なので難しいことを説明すると、納得してくれるかもしれませんね。

着用済みではなく、新品未使用を求めている人もいます。そのため、中古以外を求めるターゲットもなくさずにすみますね。

 

  • プロフィールの事前に書いてしまう

「要求される回数が多くて、いちいちめんどくさい」

そんなあなたは、メルカリのプロフィール欄に、「着画はお断りしています。」と記載することが、一番手っ取り早いです。

「着用写真がなくても、買ってくれる人だけでいい」って割り切りタイプなら、事前に自己紹介と一緒に書いてしまいましょう。

商品説明にも、「プロフィールに目を通してください」と加えると、余計な質問は少なくなるのではないでしょうか。

もし、頼まれても、「プロフィールにありますように・・・」って、答えるだけでOKになりますね。

メルカリの値下げ交渉のうまい断り方の1つでもありますね。

 

断る時のコメント

  • 申し訳なさを前面に出す

sorry

 

申し訳なさを前面に出す文にすると、購入検討者に、不快な思いをさせずに済みます。

着用写真以外の要望はないか聞いてみる

具体文としては、

「ご質問ありがとうございます。大変申し訳ありませんが、着画はお断りしております。他に何かご要望はありますでしょうか?できる限り対応させていただきますので、よろしくお願いいたします。」

こんな返事がきたら、「親切に対応してくれてるな~」と着ている写真がなくても、前向きに検討してくれるかもしれませんね。

 

  • 断るだけでなく、別の情報を付け加える

ただ断るだけでは、大切なお客さんを逃がしてしまうだけです。

着画を提供できない代わりに、できる範囲の努力をします。

例えば

  • サイズや大きさの詳細を付け加える

もしかしたら、説明文の情報が不足しているので、不安になっているのかもしれません。

洋服などのサイズや大きさを、具体的に伝えます。

細かくあげると、着丈、身幅、胸囲、袖丈、ウエスト、ヒップ、 肩幅、袖口幅、股下、股上などのサイズ情報があるとわかりやすいですね。

 

  • 具体的な身長や体重などで表現する

もし、自分が実際に来ていた洋服だったら、

「身長152センチ、体重48キロの私でもゆったり着れるサイズでした。」

といった感じで、身体情報を出し、自分が着た時の感じを伝えると、読んでいる人が想像しやすいですね。

近い体の大きさだったら余計に安心できると思います。

 

  • モデルの広告写真を載せる

公式サイトなどで販売ページを見ると、モデルさんが実際に着用している写真があると思います。

代わりに、モデルの広告写真を利用するって手もありますね。

人が着ている画像なので、満足してくれる可能性が高いです。また、「わざわざ探してくれた」って感謝の気持ちから、購入へ進む人も出てくるかもしれませんね。

 

  • マネキンなどで代用する

自宅にマネキンがある方は、最適な方法ですね。

しかし、持っている人なんて少ないですよね。どうしても、マネキンを使用したいって人は、知り合いで、アパレル関係のお仕事をしている人に頼んでみる。

また、メルカリで洋服を取り扱っている数が多いなら、この機会に用意してしまうのもありです。売り上げにつながると考えると、損はしないはずですよね。

着た時のイメージが知りたいので、質問してきているんですね。せっかく買うかどうか迷ってくれているので、できる限りの対応をしてあげましょう。

いろいろと断り方を見てきましたが、売るためだけを考えると、着画があったほうが売れます

そのため、着画ができる商品は、できる限り実際に着た写真を載せていったほうがベストです。

以下で、着用画像のポイントをお伝えします。

 

売れる着画の撮り方とポイント

  • 色んな角度を移す

色々な角度でカメラ撮影

正面だけの1枚では、知りたい部分が映っていない可能性があります。

360度見せられるわけではないですが、後ろ姿、斜めからなど、複数の角度から撮ってあげることで、より具体的な理解ができます。

 

  • 全体の着用感が伝わるように

ピンポイントすぎる写真だと、よくわかりません。

全体を見せることで、おおまかなイメージをつかむことができます。

最初の1枚は、全体像を撮るってことは覚えておきましょう。

メルカリで売れる写真には撮り方のコツってものがあるんですね。
 

  • 要望があれば追加していく

何枚かアップしても、「ここの部分が気になるんだけど」って人は出てきます。

しかし、メルカリでは、4枚までしか写真の登録ができません。

5枚目を載せたいって時、画像の枚数が限界ってあきらめるのはもったいないです。

すでにある写真をはずすか、画像加工アプリをダウンロードして、さらにアップしましょう。

ピンポイントの指定をする人は、購入までの距離がかなり近い人です。

要望が来たら、満足させてあげることが、売れるコツですね。

 

まとめ

メルカリの着画の説明から、着用画像を要求された時のうまい断り方でした。

どうしても用意できない時は、しっかり誠意を見せて、できる限りの対応をするってことがトラブルも防ぐ結果になります。

要望が多いなら、着用画像を先に載せてしまうことも、考えてもいいかもしれませんね。

欲しいブランドバッグが高い!安く使うなら「ラクサス」

ラクサスで売れた人
「ラスサスって何?」
  • 30万円以上するバッグも使い放題
  • 1日220円だけ(今なら1ヶ月無料)
  • 2万個以上から、お気に入りを選べる
  「ブランド品が高くて手が出ない」

って時も、高級バッグを手軽に使えます。

※無料期間でやめても、タダ  

ラクサス アプリのダウンロードも無料です!

↓↓↓

ラクサスのアプリをダウンロード