merucari-message3

メルカリで取引完了後にメッセージがしつこい!

  • メルカリで取引完了後にメッセージがしつこい例
  • メルカリで取引完了後にメッセージがしつこい時の対応
  • メルカリで取引完了後にメッセージがしつこい時の対応の注意点

をまとめました。

 

メルカリで取引完了後にメッセージがしつこい例

  • 勘違いの購入によるクレーム

merucari-message

メルカリは出品者と購入者がやり取りをせずに、即購入に至るケースがよくあります。
出品ページに、商品の説明を記載しているのに、ジャンク品であることを理解せずに購入したユーザー。
勘違いは購入者のミスなので、そのクレームを伝えられても困ってしまいますね。

 

  • 出品者の対応に対するクレーム

値引き交渉をユーザー間でできるのは、メルカリの特徴の1つです。

しつこい値引き交渉の結果、悪い評価を付けられてしまい、取引終了後にもメッセージが届いた例。
納得いかない取引の場合、取引キャンセルをするのも有効な方法でした。

 

  • 商品の不備に関するクレーム

取引終了後に、購入した商品に対する理不尽なクレームを言われる場合も多いようです。

商品の確認を行い、万全の状態で発送したのに、クレームのメッセージが来ると残念な気持ちになります。出品者側は納得いきませんよね・・・。

 

メルカリで取引完了後にメッセージがしつこい時の対応

理不尽なクレーム内容の場合

クレームに対応する必要はない

merucari-message6
取引完了後の理不尽なクレームの例としては、

  • 商品が破損していた
  • 偽物が届いた
  • 間違えて購入したので、返品したい
  • 商品が想像と違ったので、キャンセルしたい

など多岐に渡ります。

受け取り評価を行うと、「商品および取引に問題はなかった」意思表示がされたことになります。

その為、購入者が受け取り評価をしている場合は、クレームに対応する必要はありません。事務局が迷惑行為を発見した場合、警告や利用制限を行うケースがあるようです。

クレームの限度を超えている時は、速やかに事務局に相談しましょう。

メッセージのスクリーンショットや商品の証拠を残しておくことで、相手側に否があると証明できます。

 

商品の返品を求められる場合

原則、取引完了後は返品対応できない

メルカリガイドによると、双方の評価が終わり、取引完了している場合は、キャンセルができません。

受取評価前に、必ず商品の状態を確認する流れになっているからです。商品の返品を求められた時は、対応できないことを説明しましょう。

 

事務局へ問い合わせる

やむを得ない事情で対応が必要な場合は、送料の負担方法や返金方法を決めた上で、事務局に問い合わせる必要があります。

基本は関与しませんが、トラブルの早期解決のため、ケースによっては事務局が補償対応してくれることもあるようです。

ただし、全てのケースで事務局が100%対応してくれる訳ではないので、注意しましょう。

 

メルカリで取引完了後にメッセージがしつこい時の対応の注意点

無視やブロックで連絡を断つ

merucari-message2
返品要求の場合、返品を承諾してしまうと、購入者に自分の住所を教えなければなりません。

相手が悪質な場合は、さらなるトラブルの可能性を考え、慎重に判断する必要があります。メルカリのルール上で、取引完了後の返品はできないことを伝えましょう。

その後もメッセージがしつこい時は、まずは無視をします。取引完了から2週間が経過すると、メルカリでは基本的に相手と連絡が取れなくなります。

メッセージの通知に我慢できない時は、ブロックして連絡を断ち、事務局に通報することも検討すると安心です。

【ブロック方法】

①ブロックしたいユーザーのページ右上にある「・・・」をタッチする。
merucari-message8
②「この会員をブロック」を選択する

merucari-message7
ブロックをしたユーザーには通知されないので、精神的に辛い時は、ブロックを試すのも良いですね。

メルカリでブロックする仕方は?報復されないための5つのポイント

 

メルカリで取引完了後にメッセージがしつこい人を避ける対策例

商品の写真や情報を偽りなく記載する

merucari-message5
出品者は商品の写真を複数添付し、情報を細かく記載することが大切です。

特にサイズや汚れ、キズの有無は、購入者がよく見るポイント。

説明不足や情報を偽って記載すると、「サイズが違った」「説明になかった汚れがあった」など、クレームの原因になります。

 

評価の悪い購入者からの取引は受けない

メルカリではユーザーのプロフィール画面から、評価の履歴が確認できます。

極端に「悪い」評価が多いユーザーは、トラブルに繋がる危険性が高いので、取引の可否をよく考えましょう。

 

まとめ

  • メルカリで取引完了後にメッセージがしつこい時は、無視やユーザーのブロックで対応する
  • 双方で評価が完了している場合、原則クレームに対応する必要はない
  • クレームの限度を超えている時、返品対応が必要な時は、事務局へ相談する
  • 出品者は商品情報を確実に記載し、購入者の評価を参考に、取引を判断する

関連記事と広告