メルカリでバーコード出品ができない原因は?

メルカリのバーコード出品

  • メルカリでバーコード出品エラーの原因
  • 読み取れない時の対策
  • バーコード出品の正しいやり方

をまとめました。

 

メルカリでバーコード出品ができない原因

古い本やCD、昔のゲームは対応していない

古い本

発売日が古すぎると、バーコードが読み取れないってことなんですね。
他にも、

  • 洋書
  • 雑誌
  • 輸入盤のCD

も、バーコードがうまく読み取れないって声が、あがっています。

ただ、どこからが対象外なのか、基準は明らかにされていません。

公式説明にも、

 『バーコードをスキャンしても「商品が見つかりませんでした」と表示される場合がございます。その場合は、本機能をご利用いただけない商品となります。』

参照:メルカリガイド

と、あります。

とにかく、まずは試してみる必要があるってわけですね。

 

新しすぎて反映がまだってことも

発売して間もない本やCDなどは、まだ登録されてない可能性も。

少し待ったら反映される可能性大なので、時間をおいてチャレンジがおすすめです。

 

レンタル用はNG

レンタル店舗で貸し出しに使われていた、いわゆるレンタル落ちの商品は、バーコード出品ができません。

レンタル落ちの、漫画本やCD・DVDの出品を、メルカリでもよく目にします。

でも、貸出用の商品は、バーコードが読み取れないようになってるんですね。面倒ですが、今までどおりの手入力しかないんです。

 

アプリが最新バージョンじゃない

アプリのバージョンが古いままだと、出品するときに「バーコード出品」の選択肢が出てきません。

出てこないって時は、アップデートしてない可能性が高いので、確認してみましょう。

 

端末によっては不具合がある

使用している端末によっては、バーコード読み取りがうまくできないこともあるようです。

  • 例えば、HUAWEIの機種で不具合の報告

もあったりと、相性のよくない端末もあるんですね。

バーコードに傷が付いてる

バーコードは、

  • 本のカバー
  • DVDのケース
  • CDの帯

など、傷が付きやすい箇所にありますね。

つまり、バーコードのある部分が汚れたりしても、正常に読み取れなくなります。

そのため、表面に傷が付かないよう、大事に保管しないとダメなんです。

面倒な商品説明や、タイトル入力の手間が省けて、とっても便利なバーコード出品。

でも、世間では

  • バーコード出品ができない!
  • 読み取れない!

と、悩む利用者も多いようです。

以下より、読み取れない場合の対策について、紹介していきますね。

 

バーコードを読み取れない時の対策

タイトルから探す

タイトル検索するメルカリユーザー

商品はタイトルから、参考情報をゲットする方法もあるんですね。

1. 出品画面の「カテゴリー」を「本・音楽・ゲーム」配下のものに設定する
2. 「商品状態」の下に表示される「バーコードでかんたん入力」ボタンを押す
3. バーコードスキャンしても画面で「タイトルから探す」を押す

参照:メルカリガイド

少し手間はかかりますが、ひとつずつ詳細情報を入力するのに比べると、ステップが少なくて済みます。

一度に、たくさん出品したい場合は、負担が減ってかなり助かりますね。

 

アプリを最新版へアップデートする

「上手くバーコード読み取りできない」

って人は、アプリが古いバージョンのままって可能性も。

アップデートすることで、意外とすんなり読み取りできるかもしれません。そのため、アプリのバージョンは要チェックです。

 

今までと同じやり方で出品する

上記の方法でも、探せない場合は、これまでどおりの方法で出品するしかありません。

かなり手間ですが、

  • バーコードがない非売品、特典、オマケ

などは、手入力するのが、一番確実に出品できるやり方です。

 

  • 初回の特装版
  • 発売の古い本の初版で今では入手困難

などの理由なら、高値で購入したいって人もいます。あわせて、中古市場の取引価格を調査してみるのもいいかも。

価値のある本が売れない理由はさまざまなので、売り方のコツを知ることも重要です。

メルカリの本が売れない人へ!売り方の5つのコツ

 

最後に、

  • 正しいバーコード出品のやり方

について、画像付きで紹介していきます。

手順が間違えてないか、最終的に確認してみましょう。

 

バーコード出品のやり方

1.トップページから「出品」へ

バーコード出品の仕方

 

2.「バーコードで出品」を選ぶ
メルカリのバーコード出品2

この時点で、「バーコードで出品」の項目が表示されないと、

アプリのバージョンが古い可能性が高いので注意。

 

3.バーコード読み取っていく
メルカリのバーコード出品3
バーコードの読み取り画面に切り替わるので、出品したい商品のバーコードをスキャンします。
画面に、白いバーコードが表示されるので、端末のカメラ重ねる感じでOK。
画面右下が、「バーコード」になっているかも、確認しておきましょう。

 

4.商品詳細が表示されるので確認
メルカリのバーコード出品4

バーコードの読み取りが成功すると、

  • 本の写真
  • タイトル
  • 参考価格

が表示されます。
確認したら、商品写真を撮影していきましょう。

 

5.商品写真を撮影し、あとはいつもの出品の手順で
メルカリのバーコード出品5
いつもの出品と同じように、商品写真をカメラで撮影し

完了ボタンを押します。

商品名と説明文が、自動入力されます。
タイトルや作者名に間違いがないか、確認しておきましょう。
必要に応じて、商品の状態や注意点を、追記していきます。

メルカリのバーコード出品6

 

配送の詳細や、価格を変えたい場合は忘れずに。
自動入力された販売価格は、あくまで参考価格です。
いったん、メルカリで売買されている価格を調査してから、決定する方法がおすすめです。
(安すぎる価格だと損する可能性も。逆に、高いとなかなか売れません。)

メルカリ出品ボタン

入力が済んだら「出品する」を押します。
これで、バーコード出品のやり方はおしまいです。

まとめ

  • バーコード出品は、本やゲーム・CD・DVDすべてに対応しているわけではない。
  • 発売が古いものや一部商品は未対応で読み取れないことも
  • タイトルから参考情報を探すことも可能。
  • アプリを最新にアップデートすることで改善される場合も
  • 正しいやり方を確認してミスがないかチェック

メルカリで売れないゲームは【ゲオスグ】で売れるかも!

ゲオスグで売れた人
「ゲオスグって何?」
  • バーコード読取だけで、売値が!
  • 待ち時間なしなのでカンタン
  • すぐお金が手に入る
  「売りたいけどめんどう」 って人にも手間がないので、ピッタリですね。  

ゲオスグアプリ アプリのダウンロードは無料です!

↓↓↓